2018/10/27 16:25

東京の神宮前にあるセレクトショップ ブライスランズ。皆様はご存知でしょうか?


THE RAKE などにも度々取り上げられているショップです。

この度、当店でブライスランズの オリジナルジーンズをお取り扱いさせて頂くことになりました。

これまで東京へ出張する度にお店によってはジーンズ買ったり、シャツを作ったりと行くたびに何かしらお買い物させてもらってます。

オーナーのイーサン ニュートン氏に取り扱いについて相談したところ、即答でいいよとお返事いただき、

共同オーナーのケンジ氏に聞くね、とその場で電話でことを伝えて頂いたのが今年の7月。

先日の出張前にタイミングよく話がまとまり改めてお店へ出向き、オーダーとなりました。


スタッフの山田氏が今回のジーンズを履かれていて、パッと見からとても格好良く益々販売したいと思う様になったことを覚えています。


今回のジーンズLot 133は1946年のLevi’s 501をベースとしています。

昨今巷に溢れている、股上の浅いスパッツの様なジーンズとは一線も二線も三線も画してます。

岡山産
13.5oz 
1900年代初頭によく見られる細いセルビッチ
隠しリベット
4ボタンフライ
革パッチ

履いた時のシルエットが抜群です。股上が深いのでシャツを着た際のバランスがよく、タイを締めても大剣だけが長くなる事がないのですよ。

トラウザーズの感覚でタイを結べます。と同時に足が長く見えますし、足が細い方も細く見えません。

何と言っても履き心地がとてもよく、腰回りの型紙が秀逸なんでしょう、尾骶骨の上辺りでしっかりとジーンズが乗っかります。

ですのでベルトも要りません。

と、言葉で説明しようとしても難しいので実際に店頭にて確認いただけたらと思います。

ジーンズの大本命です。東京まで行くのもな〜って方は是非見にいらして下さい。

入荷から数日ですが何本もお買い上げ頂いております。オススメです!

通販も承りますので、ご遠慮なくお問い合わせください。