2019/11/22 16:01

今回はサンクリスピン のタッセルローファー Mod.643のご紹介。


こちらをオーダーくださいましたお客様はこれで3足目、サンクリスピン は4足目になります。

さて、モデルのご紹介ですが、タッセルローファーと言いましても実は似たデザインが3種類あるのをご存知の方は日本でもいや、私のような販売側もしっかりと理解している所は少ないかもしれません。
こちらのタッセルローファーはshort vampとなっており、ハンドモカステッチが先日のローファーと同等の長さになります。

対して私のタッセルローファー(写真右)はMod.642Sになり、これはno split toeとなっています。こちらは上の643と違い、ハンドモカステッチがより長く爪先まで伸びているのがお分かりになりますでしょうか?違いはこのハンドモカの長さになります。

もう一つはMod.642になり、Mod.642Sの爪先が割れているものを指します。インスタグラムなどを見られてタッセルローファー を発見しても何か少し違って見えたのは、実はこのように小さな違いのモデルが3種類有ったがためによく分からなくなっています。

この辺りもお好みでお選び頂けたらと思います。Mod.642Sですと足が細く見える効果はあるかもしれません。対してMod.643ですと少し丸みを感じるのでコロンと可愛らしい感じでしょうか。これ以上ご説明すると分からなくなるかもしれませんが、タッセルの房を通してある革を編み込みにもすることが出来ますし、別の革にしてコンビネーションにすることだって可能です。
こうなってくると何が良いのか分からなくなるかも知れませんが、迷った際はシンプルが良いと思います。

ダークブラウン一色や黒で作られると飽きもきませんし長く一緒にいられると思います。
タッセルローファーも、スーツスタイルからウィークエンドまでエレガントに演出してくれますので、本当にお勧めです。
※私はMod.643でもう一足、黒カーフで欲しいな〜と。


サンクリスピン も木型の調整が可能ですので、時間をかけて丁寧に足に合うようフィッティングをしております。
足にお悩みをお持ちの方も綺麗に履けるよう調整を致しますので、是非ご来店ください。